東京高麗手指鍼協会
こまつ鍼灸院

あなたの鍼灸院を成功に導く!

小松式高麗手指鍼と小松式複合治療

鍼灸界を席巻する小松式高麗手指鍼と
美顔鍼+パルス+テーピング+整体を併せて学べる

鍼灸セミナー、鍼灸講習会なら「東京高麗手指鍼協会」

こまつ鍼灸院

東京都練馬区上石神井のこまつ鍼灸院のホームページはこちらになります。頚椎症・頚椎ヘルニア治療

こまつ鍼灸院のブログ

頚椎症、腎不全、高麗手指鍼について、院長小松をはじめ全スタッフが記事を作成していきます。リアルタイムな情報を中心に発信していきます。

受講生の治療院

受講者数は約100名(平成25年現在)いますが、開業者はこれから増えていくことでしょう。そして、受講者のサイトを覗いてみてください。他の鍼灸院とは一味違うことに気付かれることでしょう。

腎不全の治療につきまして

私の腎臓病専用サイトをご覧ください。
腎虚という言葉は鍼灸界で当たり前のように使われていることです。しかし、鍼灸2.000年の歴史の中で腎臓病に有効な流派は存在しませんでした。
現在主流となっている中医学(中華人民共和国)にも存在しません。数年後には、世界一の腎臓病大国にはなりますが。(人口ではなく、人口比率でです。)
結論は簡単です。わたくしの流派(小松式高麗手指鍼と小松式複合治療)に対応できない疾患はないということです。

セミナー最新情報

・第13期高麗手指鍼学術セミナーの募集を始めます。
・第9期小松式複合治療セミナーの募集は休止いたします。
※ご参加ご希望の先生は、メールまたはお電話でお問い合わせください。
2017年1月29日現在

会員専用

生徒のセミナー情報、質問、掲示板等

セミナーのお問い合わせににつきまして

皆様からよくいただくご質問につきまして、端的にこちらでお答えしたいと思います。

小松式複合治療とは、0番から10番までの針を患者さんの症状や経験、体格によって使い分け、一切の経絡や経穴を使用せず、体表解剖から考え出して刺鍼する(眼窩内刺鍼・・0番から坐骨神経・・・10番まで)方法です。私の治療法を知れば、皆様方がいかに無駄な努力をしていたかお分かりになるはずです。

小松式高麗手指鍼とは、内臓疾患に特異的に効果のある特殊針法です。腎臓病に効果を出せる鍼灸治療は、この世に私の「小松式高麗手指鍼」のみです。私と一部の私の生徒しかできません。多くの鍼灸師は勉強不足で「腎不全」のことをほとんど知りません。「腎虚」という言葉は学校で教わっても、その治療法を確立したものは、鍼灸数千年の歴史で、私以外いないのです。皆様方がご存知のあの大先生も、あっちの大先生も、中華人民共和国でも、です。、そして、腎不全の治療ができるということはほとんどすべての内臓疾患に、効果を出せるということなのです。2016年をめどに、「腎不全の治療に特化した書籍を出版予定です」

※一番よくいただく感想に手に針を刺すなんて、痛そう! これが一番多く聞きますね。そして、最もくだらないご質問です。この世に、痛くなく、そして大した効果の出せない鍼灸院がいに多いかをまず知るべきです。痛いかどうかを判断できるのは、その治療を受ける(貴重な時間とお金を費やしてくる)患者さんだけなのです。なぜ、当院の治療を受けに、北海道や九州から泊まり込みでこられるのか、なぜ毎日往復4時間もかけて他県から治療に来られるのか。なぜ、私一人で年間7.000~8.000人以上の患者さんを治療できるのか、全てはこの結果が教えているのです。

最後に、鍼灸の臨床から10年20年と遠ざかっていますが、こんな私でも大丈夫でしょうか?  というお問い合わせもよくいただきます。

結論は、過去は一切問題ありません。経絡も、経穴の知識も大して参考になりません。大事なものは、今ある、好奇心と継続する気持ちです。

サイト内更新情報

・上にあります画像の、こまつ鍼灸院はわたくしの治療院のものです。ご覧いただければお分かりいただけると思いますが、整形外科疾患で最も難しい疾患の一つは頚椎ヘルニアであり、内科系疾患で最も難しいものは腎不全だと思います。頚椎疾患は、小松式複合治療により、約1.700人の患者数に対して有効率95%です。また、腎不全の治療は、世界中でほぼわたくしの小松式高麗手指鍼だけではないでしょうか。これだけの、データーを出している鍼灸師がいれば、ぜひ私にご紹介ください。

そして、受講生のサイトも見てください。他流の鍼灸院とは、かなり違うと思います。

このサイトにつきまして

このサイトは、単純なセミナー案内だけではなく、幅広く鍼灸全般についても記述しております。すべてに目を通すには、かなりの時間を要すると思います。ぜひブックマークしておいてください。科学的鍼灸上達論は、遂次更新していきます。

パーフェクトセミナーとは

小松式高麗手指鍼と小松式複合治療(手指鍼+パルス+整体+テーピング)の両セミナーを受講することで、最も早く、最も確実に、鍼灸院を開業させ、成功に至らせることのできるセミナーであることから名づけました。

別名、「鍼灸師再生工房」です。

第8期受講生の声を4名分追加しました。

IMG_20131230_0008・テキストが冊子になっているといいなと思います。
・経営や心構えについてまで学べるセミナーはほとんどないと思います。職業としての鍼灸師として完全に掛けていた部分を学べました。セミナーで学んだ手指鍼の技術と併せ、自分でできることからやっていこうと思っています。

その他のお声は、ここをクリックしてください。

エイブラハム・リンカーンの格言から

エイブラハム・リンカーン(人民の、人民による・・・で有名な)の格言に、

「もし、木を切り倒すのに8時間与えられたなら、私は斧を研ぐのに6時間を費やすだろう」というのがあります。

皆様は、どのように感じられたでしょうか? まんま、鍼灸の世界に当てはまらないでしょうか?

まともな刃もついていない斧で、木を伐りに行き、自分の斧も刃こぼれし、自分の体もボロボロになり、木も倒れない。そうです、斧とは自分の鍼灸の技術。木とは、患者の病気です。本当に切れる斧を作り上げるには、時間がかかるのです。そして、一度しっかりした刃付けができれば、切り倒すのはたやすいのです。

そうです、このサイトは、あなたの鍼灸という技術の刃付けの場所と思っていただいて結構です。

ご挨拶

さて、なぞかけを

鍼灸免許とかけて、
足の裏についたご飯粒

と、とく、

そのこころは・・・・

はじめまして。小松隆央と申します。さて、いま、このページをご覧になっているあなたは、鍼灸師ですか?鍼灸学校の学生さんでしょうか?鍼灸師を志した動機はなんだったのでしょうか?

 

・病気に苦しむ人の役に立ちたい。

・手に職をつけて、定年もなく、一生食いっぱぐれがなさそうだから?

・自分が病気になった時、病院では治らなくて、鍼灸師に治してもらったから?

・学校の先生に鍼灸学校にでも行け、と言われたから?

 

皆さんの現在の状況はどうでしょうか?

20年前の鍼灸学校はほぼ全員が開業希望でした。まあ、まともな勤務先が少なかった、ということもありますが。(若ければよかったのですが、私は卒業時36歳でした)

現在はどうでしょうか? 鍼灸接骨院が最大の受け皿になっていたのですが、増えすぎました。多くの鍼灸接骨院もリストラが進んでいます。多くのスタッフを雇えなくなっています。次いで、病院でしょうか(整形外科中心ですね)。そしてこれからの中心になるのが(現在も多いですが)、在宅訪問の治療ですね。そして古くからある指圧・マッサージの治療院勤務。これが、皆さんが希望していた現実なのでしょうか?価値観は様々です。「勝ち組」「負け組み」というのはいやな言葉だと思います。

しかし、誰が言うのでもなく自分の気持ちの中にこだわりがあれば、夢を実現させてみてはいかがでしょうか。しかし、夢の実現に対して最大の壁になるのが、「鍼で病気を治す」これに尽きると思います(現実にはこれだけではありませんが)。この症状には、この経絡で、この病気にはこの経穴で。学校でこう教わったことが、なぜ効かないのでしょうか?

現在の主流は中医学ですから、「弁証論治」でしょうか。

一応システマティックになっている弁証論治を通しても、なかなか良い結果が出ない。

ということではないでしょうか。

何が違うのでしょうか?稼げる人と、そうでない人。治せる人と、そうでない人。

努力は大事ですが、それだけでしょうか? 努力の仕方はいかがでしょうか?

努力の質はどうだったのでしょうか?

 

科学的鍼灸上達論。と聞いたときに何を連想されたでしょうか?

EBMでしょうか? RCT(ランダム化比較試験)でしょうか? これでは個人の上達には無縁です。

では、解剖学と生理学を前提に治療の体系を作りかえる? これでは、特定の流派にしか有効ではありません。

 

私が提起したいのは、「弁証法」という科学です。そう、唯物弁証法の「弁証法」なのです。

この弁証法の3法則と言われる「量質転化の法則」「対立物の相互浸透の法則」「否定の否定の法則」を中心にして、誰もがこれを実践すれば一定レベルの治療家になれる、ということなのです。これを駆使すれば、手法の全く違う流派であっても、上達のシステムにはさほどの違いのないことがご理解いただけることと思います。

 

※弁証法とは、自然、社会、人間の一般的な運動(発展法則)に関する科学である

 

※青年期より、三浦つとむ先生の「弁証法はどういう科学か」、南郷継正先生の「武道の理論」の影響を多大に受けております。(どこまで理解できたのかは、不明ですが)

文中、両先生の書物からの引用が多数ありますことを明記しておきます。

 

ここでお話しすることは、10年以上にわたって当院のスタッフやセミナー生に対して言ってきたことに補筆したものです。関心がおありでしたら、参考にしてください。

では、なぞかけの続きです。

 

なぞかけの続き

そのこころは、「取っても食えない」でした。

小松式高麗手指鍼研究会からのお知らせ

投稿が見つかりません。

主催者 小松 隆央 (こまつたかお)

30過ぎで人生のやり直しを期して(それまで本当にいろいろなことがありました)、鍼灸学校に入学しました。入学した3日後に有名な先生から、「君たちの中で病気を治して食べていけるのは3%くらいだよ」と言われました。まだ、絶望はしませんでした。そう、学生の間は「自分だけは大丈夫」という呪文が働くのですね! それは、今の学生さんにも共通することみたいです。
しかし、卒業してからは絶望の日々でした。学校で教わった技術では、肩こり、腰痛くらいは何とかなっても(実際の効果は50%以下でしたね)、真性の病気には全く歯が立ちませんでした(というより、全く対処のしようがなかったです)。この病気にはこの「ツボ」。
なぜ効かないのか? 当時は、自分には才能がない、と思っていました。(現在は違います。単純な上達のシステムが分からなかっただけでした)
さりとて、生活があるから何年も修行には行けず、マッサージで生活の糧を得る日々でした。ちなみに、当時勤めていたマッサージ治療院で「将来は鍼で食べていきたい」なんて言ったら、みんなに笑われました。それから16年がたちました。平成24年度の実績は、5.300人でした。すべて、私のみの鍼灸患者です。優秀な助手がいますが。計算してみてください。
よく言われることなのですが、お前のところは接骨もやっているじゃないかといわれるのですが(平成23年9月、鍼灸業務多忙のため接骨業務はやめました)、柔道整復学校には鍼灸の収入で行けました。決して、鍼で食えないから言ったわけではないんですよ。学校でも珍しい存在でした。
残念なことに、このサイトはこれを読めば鍼が上手くなる(最近多いですが)、このCDやDVDを買って聞いたり読んだりして実行すれば繁盛する、というものではありません。鍼灸学校を卒業後最低1~3年は実践しなければならない内容です。御了承ください。

face

昭和31年7月9日生まれ、大阪府出身

・こまつ鍼灸整骨院院長(現、こまつ鍼灸院院長)
・日本高麗手指鍼学会幹事
・小松式高麗手指鍼研究会代表
・小松式複合治療研究会代表
・過去の趣味:柔道・剣道・空手・居合道・杖道・古流剣術・古流柔術・読書・映画鑑賞
・現在の趣味:ドライブ、映画鑑賞

住所

東京都練馬区石神井町3-20-11 中内第二ビル2階
TELl & FAX:03-3904-4611

アクセス

■西武池袋線:「石神井公園駅」から徒歩2分

お気軽にお電話ください。

※2日以内にご返信がない時は直接お電話下さい
お電話は、診療時間内にお願いいたします。
月・火・水・金・土 9:30~13:00 15:00~20:00
休診日:日曜日・祝日・木曜日・夏季休日・年末年始